民間人同士の法律トラブルを解決するー離婚問題

弁護士の仕事のひとつには、民間人の間の離婚に関するトラブルを解決することも含まれています。
これに関わる法律は民法になります。
離婚については、資産をどうするか、子どもがいる場合の親権はどうするか、住宅はどうするか、年金はどうするかなど、さまざまなことを取り決めなくてはいけません。
海外のセレブの中には、婚前契約を締結し、離婚をスムーズに運ぼうとする習慣もありますが、日本にはそういった習慣はありませんので、弁護士に相談することになります。
離婚に弁護士が介在するとき、その種類はさまざまになります。
ひとつには協議離婚です。
これが最も多い離婚の仕方です。
夫婦で話し合って離婚するという形ですが、この場合でも弁護士に依頼してお互いの取り決めを書面に残し、公正証書を作成しておくことでその取り決めは法律で守られることになり、後のトラブルを避けることができます。
離婚の話し合いというのは、なかなか冷静に出来ないものです。
そんな時、第三者である弁護士に依頼することでスムーズにまとまる可能性が高くなります。